妊娠中の運転で気を付けたいポイントや役立つアイテム

妹が妊娠中の時には、極力運転を控えてもらっていましたが、田舎での生活では交通手段に車は必須です。特に気を付けたいのが妊娠中の体調の変化で、安定期に入るまでの初期の頃にはつわりや強い眠気などを感じやすく、気分が悪くなる前に車を停めて休憩を挟みながら運転することが大切です。妹も、通勤途中に車内の芳香剤の香りで気分が悪くなり、安静を優先しながら職場までたどり着いたほどで、可能な限りは送り迎えを周りに頼むことが必要だと感じています。また、臨月に近くなる頃にはお腹も大きくなってくるため、ハンドルにお腹がつっかえたり、座席への乗り降りの行為が難しくなってきます。座席の調節は日々変えることが必要ですし、現在では座席が回転するなどの乗り降りしやすい造りが魅力の自動車も増えています。妊娠中は安全が第一ですが、シートベルトの装着は妊婦に限り規制されていないため、圧迫感などを感じる場合にはシートベルトを外すことも視野に入れておきたい内容です。ですが、お腹へ配慮するにしても、運転中のシートベルトは命を守るためにも装着しておきたいアイテムで、お腹の上にベルトがくい込まないように腰ベルトはお腹を避けるように付け、肩ベルトは胸の間から脇に抜ける形でフィットさせます。私が妹にプレゼントしたのがシートベルトストッパーです。キャラクターデザインで、装着時の締め付け感を和らげることができるベルト調整アイテムで、車内もオシャレになり、安全性にも配慮できます。さらに運転で疲れやすいためにネックパッドやカーテンなどのカー用品もキャラクターデザインでプレゼントし、現在でも愛用してくれています。妊娠中は感情のコントロールが難しく、常にストレスが溜まっている状態なので、音楽や映像などが車内でも楽しめるナビやミュージックプレイヤーなどを車内に設置しておくのもオススメで、妹の場合にはスマホから音楽が聴けるカーアイテムなどを賢く使っていました。

妊娠中に梅干しが食べたくなった私の体験談

妊娠中は、テレビドラマやマンガのように、うっと気持ち悪くなったり、トイレに駆け込んだりしました。戻すまでにはなりませんでしたが、つわりの時は絵にかいたようなことになるのだなと、人体の不思議を感じました。私はつわりの時期は一定期間で済みましたが、後から出産の時まで気持ち悪かったという人の話を聞いて、大変驚きました。
そのつわりが終わる頃か、その前くらいだったか、やはりドラマのように、酸っぱいものが食べたくなりました。特に梅干しは、食べてしまうと止まらなくなる勢いがありました。
しかし、梅干しは健康に良いものですが、パクパクと何粒も食べたら、塩分が多いので、血圧が上がる心配があります。むくみやすくもなるし、妊娠中に、体調の急激な変化で、緊急入院する妊婦さんも多いのは知っていました。
ですので、梅干しを食べないで、酸っぱいものを他に工夫して食べました。
よく食べたのはわかめの酢のものでした。乾燥わかめを戻して、ポン酢しょうゆをかけたものです。これは食べたくなったらすぐできるし、安価でしたので、便秘予防にも良いかと思い食べました。妊娠中は味覚がいつもと異なるので、普段は食べないこのわかめを、繰り返し繰り返し食べました。
そのブームが去ったら、パンをやたらと食べたくなりました。一日に食パンを一袋とか、一日中食べていたような時もありました。また、普段は食べたくならないカップ麺も、食べたくなって食べました。妊娠中はもっと栄養に気を付けて食べなくてはならないのに、そういったものをやたらと食べたくなりました。
妊娠して尿検査の時に糖がでた友達がいたので、気を付けようと思いましたが、そんなに食べていたのに、私は糖も出ず、血圧も普段がかなり低いので、普通の人の血圧の高さになったくらいでした。
体重はかなり増えましたが、行っていた病院が甘かったのか、それとも私が背が高い方だったからか、特に注意もされず、出産の時も、入院してから7~8時間くらいで終わりましたので、健康的な妊婦生活ではあったかと思います。

体質を操作し妊娠することにより産み分けられている気がします

産み分けの理屈は簡単ですが、生まれてくる子供は、男か女の50%の確率です。まず、理屈について説明しましょう。

男の子になる精子より女の子になる精子のほうが、女性の体内で長生きします。これを利用すれば、女の子を妊娠しやすくすることができます。つまり、安全日から危険日に変わる直前で女性の体内に精子を投入すればいいのです。

つぎに、高齢になると体が疲れやすく酸性になってきます。実は、男の子になる精子は酸性に弱く、女の子になる精子は産生に強いのです。まわりに高齢出産の方はいませんか。女の子を妊娠しませんでしたか。産み分けを知っている人は、高齢で男の子を生むと、「あいつ、体力あるなぁ。」などと感心します。

ほかにも、女の子が欲しい場合、ちょっと痛いのですが、精子の通り道である膣に酸性の酢を塗ると言った裏技もあるそうです。ちなみに、膣は酸性ですが、危険日は、若干、アルカリ性になるそうです。

また、男の子になる精子は女の子になる精子より動きが早く、女の子になる精子の2倍あります。このことを利用して男の子を産み分けることができます。つまり、妊娠してしまう危険日当日に受精するようにすればいいのです。

そのほかにも、理由は分かりませんが、禁欲してからの妊娠は男の子が多いなどもあります。男の子や女の子の産み分けが確実にされると恐ろしいですね。

蛇足で書きます。妊娠を促進させる医薬品を使用すると、どうも、双子や三つ子などが生まれる確率が高いそうです。また、昔は双子や三つ子だと流産してしまいましたが、最近は、シロツカー法やマクドナルド法などにより、双子などが生まれる確率が高くなってきています。これは、学校に行けばわかります。一割は双子です。どうも、薬を使った場合は二卵性で、単に男の子が欲しかった場合は一卵性みたいです。

このように、何歳で子供を産むか、男性や女性の体質を賛成にしたりアルカリ性にしたり、危険日の当日に受精するか、数日前に受精するかで、男の子や女の子が生まれる確率が変わってきます。まわりの人をよく観察してみると、上記の傾向があることがわかります。

妊娠中につわりを少しでも解消できるように始めた運動

初めての妊娠だったため、つわりを感じ始めたころはとても気分の悪い毎日を送っていました。仕事を退職したばかりで1日家にいることも多かったのですが、つわりのせいでゆっくり過ごすこともできず、家事をするのにも辛かったです。

ある日、つわりを少しでも楽にできるかもしれないと思い、妊娠前から日課にしていたウォーキングを再び始めることにしました。自宅の近くに運動公園があり、そこはグランドの周りにウィーキングができる歩道が整備されています。毎日幅広い世代の人が歩き続けているので、仕事終わりの夜にたまに主人も加わりながらウォーキングを行っていました。このウォーキングを日課にしていたきっかけは、乱れた自律神経を整えるためでした。ストレスの多い仕事をしていたため、当時は不眠に近い状態になっていたのです。これを始めればゆっくり眠れるかもしれないと思い行ったところ、だいぶん眠れるようになりました。

妊娠発覚からウォーキングはしばらく行っていませんでしたが、久々に体を動かしたところ、とても気持ちが良かったです。季節は夏でしたが、日が暮れたころに歩き出したので暑さも引いてちょうどいい気温でした。妊娠前と比べて歩くスピードは遅くなりましたが、それでも地道に歩き続けるとつわりの気持ち悪さも忘れるぐらい快適になれたことを今でも覚えています。妊娠してからほとんど家にいたため、外の空気がこんなにも気持ち良く感じることに驚きました。歩いていると気分がスッキリと楽になり、帰宅してからもしばらくはつわりも落ち着いていました。

それからほぼ毎日、ウォーキングを続けていきました。今日は体がきついと感じる日は無理をしませんでしたが、それでも臨月まで続けることができ、肉体的・精神的な健康に役立てたと思います。初産だったのですが、この運動のせいなのか予定日の1週間前に無事に出産することができました。産後も空いている時間を見つけながらウォーキングを続け、産後太りもなんとか解消できました。

私は運動を通して、肉体面より精神面での安定が得られたことに大変満足しています。つわりで気分が悪かったとき、体を動かしたときの気持ち良さは今でも忘れられません。