体質を操作し妊娠することにより産み分けられている気がします

産み分けの理屈は簡単ですが、生まれてくる子供は、男か女の50%の確率です。まず、理屈について説明しましょう。

男の子になる精子より女の子になる精子のほうが、女性の体内で長生きします。これを利用すれば、女の子を妊娠しやすくすることができます。つまり、安全日から危険日に変わる直前で女性の体内に精子を投入すればいいのです。

つぎに、高齢になると体が疲れやすく酸性になってきます。実は、男の子になる精子は酸性に弱く、女の子になる精子は産生に強いのです。まわりに高齢出産の方はいませんか。女の子を妊娠しませんでしたか。産み分けを知っている人は、高齢で男の子を生むと、「あいつ、体力あるなぁ。」などと感心します。

ほかにも、女の子が欲しい場合、ちょっと痛いのですが、精子の通り道である膣に酸性の酢を塗ると言った裏技もあるそうです。ちなみに、膣は酸性ですが、危険日は、若干、アルカリ性になるそうです。

また、男の子になる精子は女の子になる精子より動きが早く、女の子になる精子の2倍あります。このことを利用して男の子を産み分けることができます。つまり、妊娠してしまう危険日当日に受精するようにすればいいのです。

そのほかにも、理由は分かりませんが、禁欲してからの妊娠は男の子が多いなどもあります。男の子や女の子の産み分けが確実にされると恐ろしいですね。

蛇足で書きます。妊娠を促進させる医薬品を使用すると、どうも、双子や三つ子などが生まれる確率が高いそうです。また、昔は双子や三つ子だと流産してしまいましたが、最近は、シロツカー法やマクドナルド法などにより、双子などが生まれる確率が高くなってきています。これは、学校に行けばわかります。一割は双子です。どうも、薬を使った場合は二卵性で、単に男の子が欲しかった場合は一卵性みたいです。

このように、何歳で子供を産むか、男性や女性の体質を賛成にしたりアルカリ性にしたり、危険日の当日に受精するか、数日前に受精するかで、男の子や女の子が生まれる確率が変わってきます。まわりの人をよく観察してみると、上記の傾向があることがわかります。